この”スケール徒然草”は

スケールを中心として説明するがゆえ、、、

メジャースケールを知っていることが非常に重要となります。

メジャースケールは、通称ドレミファソラシドと聞こえる音階で、12音あることから12のキーで
書くことが出来ます。

以下の表で確認してください。

 

 

「01-1.pdf」をダウンロード

ここから全てのお話が始まります。

今まで、知らなかった方は、ここで覚えるようにしましょう。


ここでの確認事項は、2つです。

①何とかメジャースケールの時には、何と何と何に#(あるいはb)がつく

②シャープがいくつ付く時は、何の音から始まる

ことです。

実は、メジャースケールのキーの配列には法則性があります。

それを、Cycle of 5th(4th)  日本語では、五度圏と言ったりもします。

Cを基準として、

左回りに調号にbが1つずつ増える

右回りに調号#が1つずつ増える

ことになります。

 

実際の例を見てみましょう。

(左周り)

F MajorはCから左回りに1つなので、bが1つ付きます。

Bb MajorはCから左回りに2つなので、bが2つ付きます。

Eb MajorはCから左回りに3つなので、bが3つ付きます。

Ab MajorはCから左回りに4つなので、bが4つ付きます。

Db MajorはCから左回りに5つなので、bが5つ付きます。

Gb MajorはCから左回りに6つなので、bが6つ付きます。

(右周り)

G MajorはCから右回りに1つなので、#が1つ付きます。

D MajorはCから右回りに2つなので、#が2つ付きます。

A MajorはCから右回りに3つなので、#が3つ付きます。

E MajorはCから右回りに4つなので、#が4つ付きます。

B MajorはCから右回りに5つなので、#が5つ付きます。

F# MajorはCから右回りに6つなので、#が6つ付きます。

GbとF#は同じもので、bで書けばbが6つの表記になりますし、#で書けば#が6つの表記になります。

 

覚えることは2つ

左回りと右回りの順番を覚えること

覚えること① C→F→Bb→Eb→Ab→Db→Gb (左回り:フラット)

覚えること② C→G→D→A→E→B→F# (右回り:シャープ)



 ブログの内容をすべてPDFにまとめました。

~こちら~

 

おすすめの記事