今回は度数のお話です。

コードがあればスケールが決まります。

ではどのようにしてスケールが決まるのか???

度数によってスケールを決める

のです。

では、度数とは何でしょう???

度数とは、

キーの中心をⅠ(ローマ数字で表記します)としてそれを基準にして、何度になるかということを決める、、

ということです。


では実際に例を見てみましょう。

例はC Majorのキーになります。

Cがキーの中心になりますのでⅠと考えます。

CがⅠなので、DがⅡ、EがⅢ、FがⅣ、、、、、、、というふうにして度数を決めます。


では、シャープやフラットが付いたらどうなるでしょうか?

今のまま、Cのキーで考えます。

CをⅠとして、そのままbや#をつけて考えます。

Dbの音は、Ⅱの音であるDにbが付いているので、Ⅱbとなります。

 

コードの場合は?

 

コードも同様にして度数で考えられます。

キーをGに変えて考えてみましょう。


キーがGのときは、GがⅠ、AがⅡ、BがⅢ、、、、、ということになります。

このGのキーのとき、 Gmaj7とかかれていたら、Ⅰmaj7と呼びます。

ではAm7はどうでしょう? → Ⅱm7となります。

ではD7はでどうでしょう? → Ⅴ7となります。

ではEm7はでどうでしょう? → Ⅵm7となります。

 


ではF7はどうなるでしょうか????

このキーのⅦはF#になります。

つまりそれが半音下がってFになっていると考えるのでF7はⅦb7が正解となります。


練習問題

以下の各コードの度数を記せ。


練習問題

(1段目)キーはCなので、CをⅠとします。

例のE7は、EがⅢになるのでⅢ7

F#7は、FがⅣなので#がついてⅣ#7

Am7は、AがⅥなのでⅥm7

Abm7は、AがⅥなのでbがついてⅥbm7

(2段目)キーはFなので、FをⅠとします。

G7は、GがⅡになるのでⅡ7

Bm7b5は、BbがⅥなので#がついてⅥ#m7b5

Bbmaj7は、BbがⅥなのでⅥmaj7

Ab7は、AがⅢなのでbがついてⅢb7

(3段目)キーはDなので、DをⅠとします。

Cmaj7は、C#がⅦになるのでbが付いてⅦbmaj7

Bm7b5は、BbがⅣなので#がついてⅣ#m7b5

Eb7は、EがⅡなのでbがついてⅡb7

A7は、AがⅤなのでⅤ7


]宿題

ワークシート2(問題)↓クリックしてダウンロード

 「Worksheet2-Q.pdf」をダウンロード

 

ワークシート2(解答)↓クリックしてダウンロード

 「Worksheet2-Ans.pdf」をダウンロード
 

 

ブログの内容をすべてPDFにまとめました。

~こちら~

 

 

おすすめの記事