ここからは応用編です。

まず、Ⅰmaj7で使えるスケールはⅠから始まるメジャースケールで、4番目の音を注意して使わなければいけない(=強調しない)、と学んできました。

スケールが分かれば、、、あとはそのスケールを使って適当にやれば、、、、と書いてありがちですが、

敢えてここからは、それらがジャズのアドリブの現場でどのように使われているか、具体的に初歩から説明していきます。

 

基本は上がったり下がったりするだけ。

ジャズジャイアンツのソロコピー譜を見ても、全てがかっこいい複雑なことではなく、上がるだけ下がるだけ、、、、という部分は意外にも多いものです。

さらにもうひとつ重要なことがあります。

コードトーンからコードトーンへ

キーがCのツーファイブの後のⅠmaj7が2小節続くような例で示してみたいと思います。


上記の例ではCmaj7の5度のGの音に解決しています。

この例でGからどのようにすればいいかを示してみたいと思います。

(例①)

いずれの例もコードトーンからコードトーンへ移行しています。

このように、そのコード内でコードトーンからコードトーンにスケールで移行すると、非常に安定して聞こえ、そのコードに合っているように聞こえます。

 


もう少し長い例を見てみましょう。

(例②)

Cmaj7の2小節目でもルートであるCの音に行って、終わりは3度のEの音につながっています。


(例③)

単純に上下するだけでなく少し動きをつけてみました。

 


(例④)

スケール並びだけでなく、コードトーンへの跳躍もつけてみました。

まずCmaj7にGでたどり着いてから1オクターブ下のGに跳躍しました。

そして次の小節の、一番最後の音はEからGに音が動いています。

このように、コードトーン同士への動きがスケール的な動きの中に入っても非常にきれいです。


(例⑤)

さらにコードトーンへの跳躍を増やしてみました。


 

このコードトーンからコードトーンへは、(オルタードやHWディミニッシュなどのテンションの多いスケールを除いて)、ほとんどのスケールで安定したラインを作るときに当てはまります。 アドリブの大原則として覚えておきましょう。

このように、今回はスケールウロウロ編

コードトーンからコードトーンへ

を説明しました。

皆さんも以下のカラオケで練習されてみてください。

宿題

以下の4小節が繰り返されるので、Cmaj7の部分をアドリブしましょう。

カラオケFor C Instruments

カラオケFor Bb Instruments

カラオケFor Eb Instruments

www.tomosax.net

 

 

ブログの内容をすべてPDFにまとめました。

~こちら~

 

おすすめの記事