08. 【Ⅰmaj7】応用編その3

今回のテーマは、”メジャーコードでビバップスケール”です。

まず、最も基本的なルートから下がる場合から説明します。

[基本編]ルートから下がる場合

メジャーセブンスコードで、主に下がるとき、ビバップのプレーヤー達はここまで勉強したイオニアン=メジャースケールではなく、半音階をAとGの間にいれて以下のようなスケールを使います。

暗記!

(例:Cmaj7)

このように普通にスケールを下がるときには、ドシラソファミレド、、、、と下がるのではなく、上記の半音階を入れたメジャースケール=ビバップスケールで下がると非常にジャズ的に聞こえます。

これはCの音(ルート)から下がるだけですが、他の音から下がるときにいくつかバリエーションがあります。

[発展編]スケールのいろいろな音から下がる場合

ビーバップスケールで下るときには、決まりがあります。

1.コードトーン(R.3.5.7)で始まる場合

2.コードトーン以外で始まる場合

の二種類に分かれるのです。

そうコードトーンか否か、、、が大きなポイントです。

そして、それぞれに二種類のパターンがあります。

つまり、それぞれ

コードトーンで始まる場合

1-1 クロマティックがA→Gのみ

1-2 クロマティックがE→CとA→G

コードトーン以外で始まる場合

2-1 クロマティックなし

2-2 クロマティックがD→CとA→G

ということになります。

あ~~文字で書かれてもわからん、、、という方が大半でしょうから

実際に楽譜に書いてみます。

 


 

①コードトーン(C、E、G,B)から始まる場合その1

先ほど出てきた、基本形で下がります。

②コードトーン(E、G,B)から始まる場合その2

EからCまで半音階を使い、そこから基本形で下がります。


 

③コードトーン以外の音(D,F,A)から始まる場合その1

パッシングがないのでただのメジャースケール(イオニアン)で下がっているのと同じことになります


④コードトーン以外の音(D,F,A)から始まる場合その2

DからCまで半音が入り、そこから基本形で下がります。


 


 

何故このようなことをするのかというと

拍の頭にコードトーンがくる!!!

からなのです。

 

第6章では”コードトーンからコードトーンへ”ということを学びました。

もちろんスケールの全てを使ってもいいですが、このビバップスケールの一部分をコードトーンからコードトーンに移行するときに使ってみましょう。


課題

①コードトーンから分散和音、またはスケールで上がり

↓↓↓

②ビバップスケール(の一部)を使い降りてきて、また拍の頭でコードトーンにたどり着く

↓↓↓

①コードトーンから分散和音、またはスケールで上がり

↓↓↓

②ビバップスケール(の一部)を使い降りてきて、また拍の頭でコードトーンにたどり着く

↓↓↓

(また①に戻る)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というように

①と②を繰り返す練習をしましょう。

(例)

 

練習用カラオケ

Cmaj7が続きます。

カラオケFor C Instruments

カラオケFor Bb Instruments

カラオケFor Eb Instruments

 

 

ブログの内容をすべてPDFにまとめました。

~こちら~

 

 

 

おすすめの記事