今回からはリディアンです。

リディアンはⅠmaj7以外の○maj7で使われるスケールです.

○maj7で使われるスケールは、全てメジャースケールと誤解される人も多いようですが、

Ⅰmaj7 → イオニアン(Ⅰから始まるメジャースケール)
Ⅰmaj7 以外の○maj7 → リディアン

 

と、同じ○maj7によって2種類に分かれることをまず理解してください。

今回はⅣmaj7をはじめとする、Ⅰmaj7以外の○maj7で使われるリディアンについて説明していきます。


【暗記】Ⅳmaj7をはじめとするⅠmaj7 以外の○maj7では、そのルートから始めるメジャースケールの4番目を#したものを使い、それをリディアンと呼ぶ。

即ち、

リディアン = メジャスケール#4

と覚えてください。

では、例を見てみましょう。

キーがGですから、このCmaj7はⅣmaj7となりリディアンを使います。

リディアンはメジャースケールの#4でしたから、Cメジャースケールの4番目に#をつけたものが、今回使うスケールになります。

もうひとつ例を見てみましょう。

キーがGなので、Fmaj7はⅦbmaj7となります。

つまり、Ⅰmaj7以外の○maj7となりますから、リディアンを使うことになります。

スケールはFメジャースケールの4番目に#をつけたものになります。


ここで朗報です。

このリディアンというスケールにはアボイドはありません

なぜなら元々イオニアンのアボイドであった4番目の音を#をつける事で、#11(#4)

というかっこいい音に変えているからです。

(コードの縦積みであるテンションで考えたときには#11と呼び、スケールの横並びで考えると#4と呼んだりもします。厳密には両者は違うものですが、往々にして同じものと考えて差し支えないでしょう。)

【暗記】リディアンにはアボイドはない!

 


 

宿題

ワークシート(問題)↓クリックしてダウンロード

 「workSheet17-Q.pdf」をダウンロード

 

[E:memo]ワークシート(解答)↓クリックしてダウンロード

 「workSheet17-ans.pdf」をダウンロード
 

 

ブログの内容をすべてPDFにまとめました。

~こちら~

 

おすすめの記事