今回は”Ⅵm7”のスケールになります。

同じ○m7でも、Ⅵm7では既述のにⅡm7ドリアンやⅢm7フリジアンとはスケールが異なります。

エオリアンとは?

【暗記】Ⅵm7ではルートの短3度(半音で3つめの)上から始まるメジャースケールの音の並びをそのルートから始めたものを使う。それをエオリアンと呼ぶ。

 

例を見てみましょう。

この場合はキーがBbなので、Gm7はⅥm7となります。

Gの短3度上から始まるメジャースケール=BbメジャースケールをGから始めれば良い事になります。

[Gエオリアン]

往々にして、短3度(半音で3つめの)上から始まるメジャースケール=そのキーのメジャースケールなので、そのキーのメジャースケールをⅢから始める、、、と覚えても良いでしょう。


もうひとつ例を見てみましょう。

この場合はキーがGなので、Em7はⅥm7となります。

Em7の短3度上から始まるメジャースケール=GメジャースケールをEから始めれば良い、、、

あるいは、キーがGと分かっているので、GのメジャースケールをEから始めればよい、、、と考えても良いでしょう。

というわけで、

[Eエオリアン]



ここで重要な点がひとつあります。

このスケールにもアボイドがあります。

【暗記】エオリアンのアボイドは6番目(b13) 

即ち、上記の二つの例では

 

となります。

このアボイドを強調しないように気をつけましょう。

 


宿題

ワークシート(問題)↓クリックしてダウンロード

 「workSheet23-Q.pdf」をダウンロード

 

ワークシート(解答)↓クリックしてダウンロード

 「workSheet23-ans.pdf」をダウンロード
 

 

ブログの内容をすべてPDFにまとめました。

~こちら~

 

 

おすすめの記事