前回までで、オルタードスケールのサウンドの作り方について説明しました。

つまり

スケールで上がったり下がったりではなく、分散和音として使いいろいろなサウンドを作り出す

ということでした。

今回はその応用編で60年代中期あたりに発見されたアイディアを説明します。

人呼んで

”ヘキサトニック”

ヘキサトニックというのは、トライアドの二つの組み合わせからなるもので6音のスケールになります。

さて、Ⅱ-Ⅴ における G7でオルタードを使うという内容で説明してきました。
このG7 オルタードスケールの中にもヘキサトニックがあります。

つまりGオルタードスケールの中にはDbとEbという二つのトライアドがあります。

これの2つのトライアドを交互に吹くことで、DbとEbのサウンドをちりばめることができます。

このヘキサトニックスケールはパターンとして使われることが多く、練習もフレーズのパターンみたいな感じでするのがいいと思います。

(例)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、実際にツーファイブで使ってみましょう。

 

ちょっと変わった感じのサウンドになりますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このように、ツーファイブでもいろいろなサウンドを表現することが可能です。

~~~ブログの内容をすべてPDFにまとめました。~~~詳しくはこちら。

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事