さて、ここまでで、ビーバップスケールのルールについて説明しました。

即ち、、

コードトーンから始まるパターンとコードトーン以外で始まるパターン

があるというわけです。

これをまとめると、、、、

 

上図のようになります。

それぞれ二種類ずつありますから、一段に左と右にわけて書かれています。

これを、たとえば左だけ、あるいは右だけ、、、あるいは左右入れ替えて全部練習しましょう。

 

さあ、、皆さんもついうっかりビーバップスケールを吹いちゃう癖をつけましょう。

パーカーオムニブックにもあるように、このビーバップスケールはこの時代のソロの中では多用されます。

彼らは耳で、このスケールがコードにあうことを知っていたのです。

次回は、このスケールを使う練習をします、、、、。

~~~ブログの内容をすべてPDFにまとめました。~~~詳しくはこちら。

おすすめの記事