メジャーコードでは分散和音とスケールの使い方が重要です。

基本はスケールを上がったり下がったりすることしかできません。

以下はHank MobleyのThis I Dig of Youのアドリブ例をIn Bbで示してあります。

 

3小節目のメジャーセブンスコードでは、5度の音からルートまで下がってまた5度まで上がっているだけですね。

このように、

基本はスケールで上がったり下がったりするだけ

 

というのを頭に留めておいてください。

その時に、ビーバップの人たちは”あること”をします。

それは、

半音階を入れる

ことです。

今回のテーマは、メジャーコートでスケールで上がったり下がったりするときに主に下がるときにビバッパーは半音階を入れる、、、です。

そのメジャースケールに半音階を入れたスケールのことを

メジャービバップスケール

と呼んでいます。

以下はHank MobleyのThis I Dig of Youのソロ02:22付近ををIn Bbで示してあります。

3~4小節目ではCmaj7のコードでただ下がるだけでなく、AとGの音の間に半音階があるのがわかります。

このように、ビバッパー達はスケールで(主に下がるとき)半音階を入れるということをします。

その法則ですが、3つあります。

拍のオモテで

1)ルートから下がる場合

2)ナチュラルナインスから下がる場合

3)3度から下がる場合

の3通りの半音階の入れ方です。

まずこの3通りの下がり方を初級者はよくでてくるいくつかの主なキーで、

中・上級者は12キーで練習しましょう。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

(練習課題)メジャービバップスケールをR,ナチュラル9th、3から下がる練習をする。

0606

おすすめの記事