第2章でメジャーコードにはスケールによって2種類のメジャーコード
①Ⅰmaj7(イオニアン)
②Ⅳmaj7をはじめとするⅠmaj7以外のメジャーコード(リディアン)
があることを説明しました。

Cmaj7を例に2種類のメジャーコードを分散和音で積んでみます。

①Ⅰmaj7(イオニアン)

イオニアンの場合は4番目のFがアボイドなので、分散和音で3度積みした場合ナチュラル9であるDまでしか積むことができません。

 

②Ⅳmaj7をはじめとするⅠmaj7以外のメジャーコード(リディアン)

リディアンの場合はアボイドはありませんので、ナチュラル13のAまで積むことができます。

どちらの場合もナチュラル9までは積むことが出来ます。

メジャーコードでは2種類のどちらのスケールの場合でもR、3度、5度、7度、ナチュラル9の積み方が頻出します。

先のSonny Stittの例を見てみましょう。

4小節目の2拍めでは、Gmaj7の3度からナチュラル9まで分散和音で駆け上がっています。

このようにメジャーコードを見たときに、ルートからナチュラル9までの分散和音を弾ける様に練習しましょう。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

(練習課題)メジャーコードを分散和音でナチュラル9まで弾けるようになる

おすすめの記事