この章ではメジャーコードには主に2種類あることを説明します。

その2つとは

①Ⅰmaj7 
②Ⅳmaj7をはじめとするⅠmaj7以外のメジャーコード

です。

Ⅰmaj7とそれ以外のメジャーセブンコードに分かれると覚えておいてもいいかもしれません。

①Ⅰmaj7の時には、そのキーのメジャースケールを使い、それをイオニアンと呼びます。

例)キーがCメジャーでCmaj7の時にはCメジャースケールを使います。

②Ⅳmaj7をはじめとするⅠmaj7以外のメジャーコードの時にはメジャースケールの4番目が半音上がったリディアンというスケールを使います。

例)キーがGメジャーでCmaj7はⅣmaj7となります。

つまり、メジャーコードはⅠmaj7なのかⅣmaj7をはじめとするそれ以外なのかによって、スケールの4番めの音使いが異なります。

このテキストでは特に断りがなければ①Ⅰmaj7を中心に話を進めていきます。

 

(ですが、②のⅣmaj7をはじめとするⅠmaj7以外のメジャーコードの時には①のスケールの4番目にシャープをつければ全く同じことになりますので、その場合はそのように応用されてください。)

 

 

おすすめの記事