メジャーコードといっても特に変わったことが出来るわけではなく、

分散和音とスケール

をいろいろ駆使してかっこいいことをする、、、ということを頭に留めておいてください。

 

つまり、これから説明するのは昔の人がどのように分散和音とスケールをうまく使ってすばらしい音楽を作り出したか、、ということの説明になります。

 

以下はSonny StittのI'll Remember Aprilでのフレーズをコンサートキーで載せてあります。

 

キーはGメジャーでGmaj7ですから、Gメジャースケール(=Gイオニアン)の動きと分散和音の動きを中心に4小節動いているのがわかります。

 

これからの章では、このような動きの中にどのようなエッセンスが詰まっているか、分散和音とスケールの動き方について詳しく説明していきたいと思います。

おすすめの記事